子宮内膜症

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、子宮の内側にできる内膜が、子宮内ではない場所(膣・膀胱・腹膜・リンパ節・肺など)にできてしまう病気のことで、月経によって内膜が排出されずに癒着や炎症を引き起こすトラブルのことです。

症状としては月経痛、下腹痛、腰痛などのほか、下半身を中心とした痛みが持続します。痛みを伴う以外にも、疲労感が激しくなったり、膨満感が続いたり、便秘もしくは頻尿などといった症状が出てくる場合もあります。

・便秘が原因で子宮内膜症になる理由

子宮内膜症の原因はまだはっきりとはわかっておらず、いくつかの説が挙げられています。なかでも有力な原因の一つに、月経血の逆流や自己免疫異常などが挙げられています。

便秘が直接子宮内膜症の原因になるとは明言されていませんが、子宮内膜症によって子宮筋腫となり、そこから便が通る腸管を圧迫して、便秘症を発症する可能性が高まります。

便秘になったからといって子宮内膜症になるとは限らないのですが、近い場所に存在する臓器同士であるため、まったくの無関係というわけではありません。

子宮内膜症は直接的に便秘に結びつくイメージがないため、「お腹の調子が悪い」のひと言で済まされてしまうケースが多くみられます。しかし、少しでも体の調子が悪いと感じたなら、すぐに検査を受けて判断を仰ぐ必要があります。

子宮もしくは腸内に何らかのトラブルが起きている場合、便秘という症状となって現れてくる可能性があります。便通が何らかの原因で止まってしまっていると、慢性的な便秘症となり排泄が困難になる場合もありますので、注意が必要です。

・子宮内膜症になってしまった場合の治療方法

子宮内膜症になった場合、治療方法には、大きく分けて薬物療法と手術の二通りがあります。

自由に選択できる場合もありますが、中には早急に手術が必要であるとして、薬物療法が効かないケースもありますので、医師とよく話し合って治療方針を決めていく必要があります。

薬物療法には、痛みを一時的に抑える対症療法と内分泌療法を組み合わせます。対症療法では鎮痛剤の服用をしながら内分泌療法との併用などを行うほか、妊娠の可能性を残したい場合には対症療法のみで対応するなどして、症状や患者さんの意向に合わせた投薬治療を行います。

複数の薬剤の中から最適なものを選んで服薬することになりますが、黄体ホルモン製剤なども子宮内膜症に対して有効な治療薬として用いられています。製剤の種類によっては、副作用の心配が少なく、病変にダイレクトに働きかける作用が期待できるとされています。

手術については、開腹手術と腹腔鏡手術の二通りの方法を選んで行われます。内膜症の他にも、4cmから5cm以上の卵巣チョコレートのう胞が見つかった場合は、早急に手術が必要になります。

妊娠の予定や計画があるか否かによっても治療方針は変わってきますが、子宮内膜症は再発を繰り返す病気であるため、治療を受けた後はなるべく再発をしないうちに妊娠ができるように計画していく必要があります。

・子宮内膜症にならないように便秘解消しよう

子宮内膜症と便秘症の関係についてはまだ明らかにはなっていませんが、どちらも放置するのは危険であり、時間が経つほど体にリスクをもたらす可能性があります。

まずは便秘を普段の生活からしっかりと予防していくこと、腸内環境をきれいな状態に保つことをおすすめします。腸管が健康な状態であれば、体調不良のリスクを減らすことができます。

また、子宮内膜症についても同様に、下腹部の痛みを感じた場合はすぐに専門医を受診し、必要に応じて治療を開始するようにしましょう。

症状が軽いうちに対処すれば、早期発見・早期治療につながります。