腸閉塞

腸閉塞とは

腸閉塞とは、腸内における腫瘍やねじれ、腸と腸の癒着、あるいはぜん動運動の低下などといったトラブルから、腸管の中にある便などの内容物が通過できない(詰まってしまう)病気のことです。文字通り腸が閉塞した状況であり、腹痛や膨満感などのほか、ガスの排泄すらできないケースもあります。

腸閉塞の症状には、嘔吐感をともなうものや、腹部の激痛、あるいは痛みが引いてはまた戻すといったさまざまなケースがみられます。どのようなプロセスで腸が閉塞したのかによっても、痛みの程度やトラブルの内容は異なります。

腸が詰まった(閉塞した)状態以外にも、腸の中の内容物がスムーズに外に排出されない場合に「腸閉塞」と診断されることもあります。

便秘が原因で腸閉塞になる理由

一日でも排便が起きない場合は便秘を疑わなければなりませんが、この便秘が何日も続くようであれば、慢性的な便秘による腹痛や膨満感、さらには腸管の閉塞を引き起こすリスクがアップします。

便秘を原因とする腸閉塞は「糞便性イレウス」と呼ばれています。便によって腸閉塞が起こった状態という意味で、医療機関を受診してはじめて糞便性イレウスだと分かるケースも多いです。

糞便性イレウスの原因としては、便秘が続き水分量が不足した硬い便が溜まり、腸が塞がれていくことで腸閉塞が引き起こされます。本来であれば水分を含んで外に押し出されるはずの便が、何らかの原因で便秘として腸内に溜まり続けることで、腸閉塞になると考えられます。

腸閉塞を引き起こすとされる便秘は、まず第一に硬い便であることが特徴的です。柔らかく水分を含んだ便は外に押し出されていきますが、内容物が固形に近いほど流れにくくなり、腸内に蓄積しやすくなります。

腸閉塞になってしまった場合の治療方法

腸閉塞の治療は大きく分けると保存的治療と手術の二種類となります。ねじれによる腸閉塞は手術が第一選択となりますが、それ以外の場合には保存治療を優先し、場合によっては手術が必要となることがあります。

保存的治療としては、食べものや飲みものを摂らずに点滴によって栄養を補給し、胃腸を休めて水分管理を厳重に行います。お腹の張り具合などを見ながら、点滴や絶飲食でも改善しない場合は、管を注入して腸内の内容物を排出し、腸管の中の圧力を下げるといった措置がとられます。

手術治療としては、腸のねじれを元に戻したり、腸の流れを阻害する組織を切るなどして、閉塞の原因を解決していく方法が挙げられます。腸管の血流が悪く壊死に至っている場合には、死んだ部分を切除して、残った腸をつなぎ合わせます。

腫瘍などが出来ている腸閉塞については、腫瘍を含めた部分切除の手術を行いますが、腸管の状態が悪く肛門から便の排泄がスムーズにできない場合には人工肛門を作製して取り付けることになります。

腸閉塞にならないように便秘解消しよう

腸閉塞の予防については、これといった具体的な方法が確立されていないため、閉塞そのものを防ぐ確実な手段は存在していません。しかし腸内環境を良好に保つことによって、腸の閉塞を防ぐことは可能です。

普段から胃腸に負担をかけないよう、暴飲暴食を避けながら飲食を行う、消化の悪いものをたくさん食べないこと(開腹手術の後も)、日常的に消化に良いものを食べること、便秘にならないよう規則正しい食生活を心がけることなどが挙げられます。

腸内環境はストレスなどによって悪化する場合もあるため、便秘にならないようにストレスを適度に発散させたり、体を休ませてあげる工夫も一つの方法です。

腸閉塞を確実に防ぐ方法はありませんが、普段から意識して腸内環境を良好に保つことが予防の第一歩と言えます。