便秘によいお茶に含まれる天然成分

このカテゴリーでは、便秘に効くお茶によく配合されている天然成分について解説しています。

便秘には体に優しい天然成分のお茶がオススメ!

便秘に悩む方の中には、下剤を服用している方もいると思いますが、下剤は即効性がある反面、便秘の症状だけにしか効かず、また慢性化したり、副作用の心配もあります。

そこで、おすすめしたいのが、便秘に効果のあるお茶。天然成分を使用したお茶は、便秘だけでなく、体質改善やほかの症状にも効果があるのが嬉しいポイントです。

天然成分は3つのジャンルに分けられる

天然成分を使用したお茶は、漢方系植物&穀物系ハーブ系の3つに分けられます。

  • 漢方系…赤芽柏、桂皮、エゾウコギなど
  • 植物&穀物系…ゴールデンキャンドル、桑の葉、アロエなど
  • ハーブ系…ローズヒップ、レモングラス、カモミールなど

ここでは、その3種類のお茶の成分について、効果や副作用などを考察していきます。

ぜひご一読いただき、自分にあったお茶を選んで、体の内側からスッキリ健康になりましょう!

注目!便秘体質を体の内側から改善できる漢方系のお茶

前述の3種類のうち、特に注目したいのが漢方系のお茶です。

一般的に、便秘に効くというと刺激成分を中心に作られていることが多く、慢性便秘を悪化させてしまうという副作用があります。

しかし、漢方の生薬には腸内環境を整えて、便秘体質そのものを改善させていく効果があるのです。なるべく刺激に頼らず、体質を改善させる方向で、つらい便秘を解消するようにしましょう。

ただし効果のある分、体調への影響が考えられるので、妊娠中や授乳中の方は飲用しないようにしてください。

また、とくにおすすめなのは自然由来の植物系のお茶。飲んでその日のうちに…という即効性はありませんが、長く飲み続けることで効果が現われます。副作用もありませんので安心!

とくに最近では、びわが注目されています。人気の理由は飲みやすさ。おいしくないと続かないという人も多いなか、びわ茶はスッキリと飲みやすく、若い女性から40~50代の女性にまで幅広く人気があります。