漢方系

ここでは、漢方の生薬が便秘を改善する理由について、説明しています。

漢方系成分の特徴

生薬配合のお茶の場合、温効成分のあるものを選ぶと、便秘の大敵である冷えの改善にもなり、オススメです!

そこで、便秘に対する漢方とはどんなものなのか、どんな漢方が便秘に良いのかをご紹介します。

まず漢方では、便秘には5大原因があると考えられています。それは次の5つです。

  1. 精神的なストレスが原因の気虚(ききょ)/気滞(きたい)
    …ストレスや緊張が続くと、自律神経のバランスを崩してしまい、胃腸の働きが低下する。
  2. 冷えが原因の血虚(けっきょ)/寒虚(かんきょ)
    …内蔵は冷えることで機能低下するが、特に腹部の血行が悪くなると、栄養も行き届かなくなり、腸の活動を阻害して便秘になりやすい。
  3. 肝臓の働きが低下する肝虚(かんきょ)
    …肝機能の低下は胆汁の分泌を低下させ、排便に必要な胆汁が不足する。
  4. 胃や大腸の働きが低下する脾虚(ひきょ)
    …胃酸過多になると便秘に、少なすぎると下痢を起こす。また、腸の働きの低下は蠕動運動の低下につながり、便秘になりやすくなる。
  5. 腸内細菌のバランスの乱れ
    …便秘や便秘薬の服用を繰り返すことで腸内細菌のバランスが崩れ、便秘が慢性化しやすい。

これらの問題に対し、解決を促す生薬があるのでそれを紹介しましょう。

便秘の5大原因に効くとされる生薬とその効果

おもなものを挙げると、赤芽柏(アカメガシワ)、桂皮(ケイヒ)、丁子(チョウジ)、茴香(ウイキョウ)、エゾウコギ(シベリア人参)などです。

温効のある配合生薬

それぞれの生薬の効果については以下のとおりです。

  • アカメガシワ…胆汁分泌促進や、整腸作用、便秘改善に作用する
  • ケイヒ…毛細血管の血行を改善し、胃腸機能を整える
  • チョウジ…胃を温めて血流を改善したり、消化機能を促進して身体を温める
  • ウイキョウ…消化促進、利胆作用、血行促進、利尿作用、健胃作用により、消化血行を促進する
  • エゾウコギ…体力を向上させ、疲労回復を助けるほか、耐久力や抵抗力を高める

これらのほかに、大黄(ダイオウ)も瀉下(しゃげ)効作用、すなわち排泄を強力に促す作用がありますので、便秘の解消には効果的ですが、かなり強い効力ですので、服用には注意が必要です。

漢方系なら生薬のちからで体質改善できる

以上のような生薬を配合しているお茶は、その働きで体質改善も促すことができるのが嬉しいポイント。

漢方では、便秘は「水」の不足とストレスや緊張からくる「気」の異常、「血」の異常である「お血(おけつ)」によって起こる、つまり、便秘を起こす理由には複数の要因があると考えられています。

したがって、便秘以外の症状も同時に改善させていくことを目的としているのが、漢方系のお茶なのです。

5大原因に効くとされるこれらの生薬は、体を温める効果もあるので、便秘の大敵である冷えも防ぐという、まさに一石二鳥、いえ“三鳥以上”の成分なのです。

便秘を解消するお茶を探している方は、これらの生薬を配合したものを選ぶことをオススメします。

配合成分でみる、便秘によいお茶ランキングはこちら>>