オリーブオイルを飲む

ここでは、便秘を解消するための選択肢である、オリーブオイルを飲む方法についてご紹介します。

オリーブオイルによる便秘解消とは?

オリーブオイルは、昔から自然の下剤と言われてきたぐらい、便秘解消には役立つとされています。実は、イタリアでは子供が便秘になるとオリーブオイルを使うのだとか。子供の場合は下剤を使うわけにもいかないですし、天然成分であるオリーブオイルで便秘解消を促すのです。

昔から使われている、そして天然成分だから安心で安全…オリーブオイルなら、便秘はつらいけど下剤を使うのはちょっと…という人にもおすすめできます。

また、オリーブオイルによる効果は長いのも特徴です。長く働いてくれれば、その分排出もしやすくなりますよね。一時的な効果ではないため、緩やかに効果が実感できるでしょう。

オリーブオイルがいい理由

便を柔らかくしてくれる

便が固くて出ない状態になり、便秘が続いている人にとって、便を柔らかくしてくれる効果はうれしいですよね。便は大腸に長く留まるほどに、より固くなってしまいます。一度固くなってしまった便を柔らかくするのは大変ですが、そこでオリーブオイルを使いましょう。小腸や大腸で吸収されにくい性質を持っているため、便と一緒になって柔らかくしてくれます。

便を滑らせる

固くても、滑りが良ければ、ちょっとの力だけで排出できます。排出するための筋力が足りず、なかなか出せないという人も多いはずです。無理に力を入れて出すのは良くないですが、ちょっとの力だけでは出ない…というときがオリーブオイルの出番。油分なので、潤滑剤としての役目を果たします。つるんと出る、そんな排便が期待できるでしょう。

胆汁を分泌する

胆汁は便の潤滑油としての働きがあり、さらに便の水分量も調節してくれます。お通じをよくするためには必要とされていますが、オリーブオイルでその分泌量を増やすことができるでしょう。

血行が良くなる

便秘の原因の一つに、自律神経の乱れがあります。ストレスや緊張によって優位になる交感神経によって、腸の働きが悪くなってしまうことがあります。また、血行も悪くするので、さらに便秘がちに。

自律神経を整える働きがオリーブオイルにはあります。正確にはビタミンEが働きかけてくれるのです。ビタミンEが血行を促進するため、腸の活動も活発になります。

腸を動かす

便は、腸が動かないことには排出することができません。オメガ9がオリーブオイルには含まれているため、蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。そして、便が出やすいようにサポートしてくれるでしょう。特に、下剤を使って今まで排出していた人は、その刺激に腸が慣れてしまって、排便がより一層困難になっていることもあるはずです。自然と出しやすくするオリーブオイルをおすすめします。

オリーブオイルは、便秘を解消するために様々な効果が期待できますね。

飲むタイミングや量をチェック!

オリーブオイルは、朝の時間帯が飲むタイミングとしておすすめです。朝は腸に何もない状態で、オリーブオイルの効果をより生かすことができるでしょう。オリーブオイルは長く腸に刺激を与えることができるとお話ししましたが、朝とり入れておくと、効果が長持ちして排出しやすくなります。

気になる量は大さじ1杯ぐらいなので、それほど多くありません。しかし、オリーブオイルにはクセがあるものも多いです。そのため、直接オリーブオイルだけを飲むのはちょっと…という人は、食事にプラスしましょう。サラダを朝から食べるようにして、ドレッシングとして使いましょう。朝のサラダは食物繊維も補うことができ、より便秘には効果的に働いてくれるはずです。