妊婦の便秘解消にはお茶が効く

妊娠中の女性のうち、約7割が抱えることになるとも言われる便秘のトラブル。妊娠中は黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が増えるため、ホルモンの影響によって筋肉が弛緩し、腸の運動能力が低下して、便秘症を引き起こすと考えられています。

妊娠中の女性の体は、普段通りとはいかず不規則なホルモンバランスに悩まされることが多いものです。

生活習慣を見直すなどして、できるだけバランスのよい食生活を送りたいところですが、それでも便秘症が治らない場合は専門医を受診されることをおすすめします。

自発的にできる対策としては、乳酸菌や食物繊維を中心に、消化に良い食事を心がけること。次に、しっかりと水分を摂って、便に水分を与えてあげましょう。適度に運動やエクササイズなどを加えて、腸のはたらきを上げる方法も効果的です。(運動は赤ちゃんに無理のない範囲で行いましょう)

妊婦の便秘が良くない理由

そもそも妊娠中の便秘が良くないと言われているのは、便が腸内に溜まり続けて膨満感を感じたり、お腹の張りが増すといった問題のほかにも、
骨盤の血のめぐりが悪くなってしまうという問題があります

便秘のまま陣痛が始まってしまうと、骨盤内にある子宮が便によって圧迫され、微弱陣痛を引き起こしたり、最悪の場合出産と同時に排便が起き、赤ちゃんが感染症にかかりやすくなるといったリスクもあります。

排便は基本的に一日1回行わなければなりませんが、週に1、2回程度まで減ってしまった場合には、妊娠にともなう便秘症にかかっていると考えられます

便通の回数が比較的多い方でも、お腹が張るような感覚や硬い便が続くようであれば、以下に紹介する便秘対策を講じたり、専門医を受診することをおすすめします。

妊婦の便秘にお茶が効果的な理由

妊婦さんの便秘対策には、食生活の改善がもっとも有効です。妊娠中は激しい運動などは禁じられていますので、てっとり早くできる対策といえば、食事や飲み物を意識的に変えていくという方法になります。

便秘症の原因は黄体ホルモンの増加以外にも、単純に「水分不足」である可能性があります。そこで、一日に2000mlを目安にお茶やミネラルウォーターを摂取してみてください。

一番安全なものは純粋な真水になりますが、赤ちゃんの成長のためにはミネラルが必須ですので、ミネラル成分を含むお茶を飲むようにすると良いでしょう。

以下からは、妊娠中の便秘に効果的なお茶について紹介していきたいと思います。

ごぼう茶

ごぼう茶の元となるごぼうには食物繊維が豊富に含まれています。野菜が満足に摂取できない場合や、つわりがひどい妊婦さんにはこのごぼう茶がおすすめです。

さらにごぼうには、腸のぜん動運動を活発にしてくれるオリゴ糖も含まれています。こちらは腸内に生息する善玉菌のエサとなるため、腸内環境の改善にも役立ちます。

黒豆茶

黒豆茶は豆を原材料とするお茶なので、妊娠中のホルモンバランスの乱れに効果的な大豆イソフラボンが摂取できます。ごぼう茶と同じくオリゴ糖も入っているため、腸内環境が乱れている時の飲みものとしても最適です。

他のお茶と比較して、カリウムが多めに含まれていますので、ミネラル類が不足している妊婦さんにもおすすめです。

ルイボスティー

ルイボスティーにはデトックス作用があるため、妊娠中のむくみ防止に役立ちます。また、ミネラル成分がバランス良く含まれているので、便通の改善や赤ちゃんの成長促進にも役立ちます。

プーアル茶

プーアル茶にはビタミンやミネラルが豊富で、ルイボスティーと同じくデトックス効果が期待できますが、こちらは飲みすぎるとお腹がゆるくなるほどの作用を持っています。

カフェインレスではありませんが、赤ちゃんに影響のないごく微量にしか含まれていませんので、安心して飲用することができます。

たんぽぽ茶

たんぽぽの根を焙煎してつくられるたんぽぽ茶は、鉄分やミネラル分が豊富に含まれており、カフェインレスで安心して飲用できる飲みものです。血のめぐりを良くしてくれる作用もあるため、水分不足の際の飲みものとしてもおすすめです。